米沢クローバー歯科クリニック

医院ブログ 米沢市の歯科 米沢クローバー歯科クリニック

ブログ

ホワイトニングについて

歯の豆知識

歯の色、気になりませんか?

人と会話をするとき相手の口元を見る方が多いのではないでしょうか。
「歯が黄ばんでいる方」の印象は不潔な感じがしたり老けて見えるマイナスなイメージがついてしまいますよね。
第一印象は見た目、視覚的な要素が重要になります。

歯の黄ばむ原因は様々あります。
食べ物やタバコなどの着色が歯の表面に付着する外部要因であったり、加齢による内部要因があります。
コーヒーやお茶に含まれるポリフェノール類の色素やタバコのヤニなどが歯の表面に付着することで歯が黄ばんで見えます。

加齢によるものは、加齢とともにエナメル質が薄くなり、内部の象牙質の厚みが増していく為、
薄くなったエナメル質から象牙質が透けることで歯が黄色く見えます。

黄ばんだ歯をホワイトニングで白くしてみませんか?

ホワイトニングとは薬剤を使用し歯を白くすることです。
ホワイトニングには3種類あり、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニング、
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングです。

・オフィスホワイトニング
歯科医院で行うホワイトニングです。
専用の薬剤とレーザーで歯を白くする方法で、
濃度の高い薬剤を使用するため短期間で効果が現れますが、ホームホワイトニングと比べて色が戻りやすいです。

・ホームホワイトニング
自宅で行うホワイトニングです。
歯型をとり、患者さんにあったマウスピースを作ります。そのマウスピースに薬剤をいれ、装着します。1日2時間以上装着し、4週間ほど行います。
オフィスホワイトニングに比べて、効果が出るまで時間がかかりますが、継続することで徐々に白くなります。低濃度の薬液を使うため安全であり、効果が持続します。

・デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するため、各ホワイトニングをするよりも短期間で歯を白くし、効果を持続させることができます。

当医院でやっているホワイトニングはホームホワイトニングになります。


ホワイトニングをする前には虫歯を治すことをお勧めします。
虫歯によって着色したものはホワイトニングでは除去できません。
ホワイトニング中に一時的に歯がしみる場合があります。虫歯があると痛みが強く出る場合があるので治しておくのが良いでしょう。
また、ホワイトニングは色素を分解し歯本来の色を白くするため、被せ物や詰め物の着色を落とすことはできません。

ホワイトニング中は着色が付きやすいカレーやワイン、コーヒー、タバコなどは控えていただく必要があります。
ホワイトニングが終わった後も白さを持続させる為には飲食後に歯磨きをしたり、口をゆすぐなどをすると良いでしょう。

ホワイトニングに興味がありましたら、医院に来ていただいきご相談ください。